usual events

【フィット GE8】PORMIDO ドライブレコーダー PR998 取付け

自宅のGE8 フィットにPORMIDOのドラレコPR998を取付けました。時間がかかるのはリアカメラの取付ですから、まずはそこから始めます。 

黒い内張りを外します。 手で引っ張れば簡単に外れます。 

リアワイパーを抜きます。キャップを外してナットを外したあとワイパーを抜きますが、かなり固くて抜きづらいです。

スプラインの位置を忘れないようにちょっとマーキングしておきました。 ネジ山を傷つけないように押したり引いたりしていたら抜けました。

外したナットを失くさないように元の位置にねじ込んでおいたのですが、モーターを抜き取る際に邪魔になるので結局ポケットに入れておきました。

裏側からリアワイパーのモーターを外します。ボルト3本で外せます。 ところが写真中央のカプラは頑張っても外せなかったので、モーター自体を近くに紐で括り付けておきました。作業に支障はないです。

リアカメラは車外に取付けたいので、ケーブルの引き込み穴を作ります。ナンバー灯のレンズを加工します。レンズの材質が柔らかくて粘いので、加工はしやすいです。最初はφ3mm程度のドリルで位置を決めて小穴を開け、徐々にφ6.5mmまで拡げました。これ以上大きいドリルを使うと周囲の黒いパッキンを傷つけるので、細くて丸いヤスリで削りながら現物合わせで配線が通るまで調整します。

こんな感じです。 穴は水が入らないように最後にシーリング剤で埋める予定です。

次にホンダマークのついている黒いカバーを外します。 黄色い場所はリアカメラの取り付け予定位置です。 

固定ボルトは1本で、あとはクリップだけです。ちょっと時間がかかりましたがなんとか外れました。 リアカメラを仮止めしておいて、配線を通します。

ナンバー灯のレンズを内側から見た写真です。

テールゲートのウェザーストリップを外して、内張りも外しておきます。 配線はテールゲートの中央から下の写真の穴までケーブル通しで簡単に持ってこれます。ちなみに赤いケーブルはバックライトに繋ぎますが、短いのでギボシで1m程度延長しておきました。

テールゲートからボディーへの黒い配線通しは何のストレスもなく通ったのでちょっと意外でした。そこから室内へは配線通しで入れ込みます。

写真は無いのですが、赤いケーブルはバックライトのケーブルと接続し、黒い映像ケーブルは床を這わせて運転席側まで持っていきます。ウェザーストリップを外すだけであまり苦労せずに配線できました。

Aピラーのカバーを外し、配線は既存の配線に這わせてインシュロックで固定します。

ドライブレコーダー本体は純正バックミラーに付属のゴムバンドで止めます。写真でも分かるように本体のフックが上下とも柔らかいので留めやすかったです。

各ケーブルを本体に接続しましたが、コネクタの向きが右向いたり左向いたりでまとまりがないのがちょっと惜しいです。 ケーブル類は下の写真のようにまとめました。

映像はとても綺麗です。

このフィットは2009年式なので10年以上経っていますが、3rdプレリュードと比べると作業がとても楽でした。内張りはパンパンって簡単に外れるし、ケーブルは通しやすいし。 慣れた車じゃないので2日は掛かると思ったけど実質1日で作業完了できました。 

このPORMIDO PR998、結構気に入ったので家の他の車にも取り付けようと考えています。 (まだAmazonで値引きしてるし)

  • この記事を書いた人

たつきち

何より3rdプレリュードが好きで弄っていると時間を忘れてしまいます。備忘録のつもりで書いています。

-usual events

© 2021 リトラの 3rd プレリュード が好き Powered by AFFINGER5