my Prelude(遍歴)

RECARO(レカロ)シートについて

シートは運転席も助手席もRECAROを使用しています。

それも古いタイプで運転席はLS、助手席はLXです。 LX-Mとか派生タイプが登場する前のものです。

LSはかれこれ30年以上の付き合いになります。

きっかけは腰痛。 20歳の時にプレリュードのXX-4WSに乗っていたんだけど純正シートが僕の体に合わなかったみたい。

受診した整形外科の先生に「プレリュードに乗っているでしょ、RECAROに替えなさい。」って言われたんです。これ本当の話。

本体16万、パッドヘッドレスト1.3万、それにベースフレーム。計20万円位だったけど腰痛が辛かったので購入しました。

とりあえず近くのコクピットに行って聞いてみたら値引き無しだけど取り付けは無料だよって言われました。そういうものなのかって思いました。

Sは一番安いけど真っ黒でちょっとなあ、次のLXよりその上のLSの方がかっこいいな。

でもその上のCSを見たら切りないな。ってことでLSを選んだことを覚えてます。 

腰痛が理由ならSで十分でしょって言われそうだけどまあ、自分に甘かったというか、でも今思うとこれで良かった。

あとシート深さ調節機能っていうのが良かったんです。 座面の前の部分が伸びます。

普通は長く乗ってると足がつかれるから伸ばすためにあるようです。

自分の場合は、伸びる部分がちょっと膨らんでいるので足(もものところ)が上に持ち上がって腰への負担が軽減されました。

店の人には張り替えが出来るから一生使えるよって言われましたが本当ですね。 一度張り替え済みですし。

20代の頃、プレリュードに何かの取り付け?をしていた時だったと思います。

マイナスドライバーをジーンズの後ろポケットに入れてまま、それを忘れてシートに座ってしまい引っ掛けてしまったことがあります。

しばらくそのまま使っていましたが、段々すり減ってくるし、見た目はかっこ悪いしで結局張り替えました。

でもあまり張り替えた時のこと覚えていないです。購入した時の方が昔なのによく覚えているのが不思議。

その後も車を乗り換えたり家族の車に載せたり下ろしたりで、現在は使っていないRECAROが二脚、僕の部屋で座椅子として活躍しています。

そうそう、RECAROに替えて普通の効果もありました。

別に全然走り屋って訳じゃないですが、ここは田舎なので生活道路として普通に峠道を通るわけです。

そうするとついスピードを出したくなる。 で、RECAROに替えたらコーナーで体がいい具合に固定されてぐらつかないから少し無茶をしても怖くないんです。

当たり前なんですが、その時は感動しましたね。

プレリュード以外にもRAオデッセイやライフダンクに載せたことありますが、運転が楽しくなりました。

  • この記事を書いた人

たつきち

たつきちのブログへようこそ!
車いじりからDIY、商品紹介など気ままに書いています。
どうぞ宜しくお願いします。

-my Prelude(遍歴)
-,

© 2022 リトラのプレリュードが好き Powered by AFFINGER5